【ダニ博士コラム】気になる犬や猫、鳥などペットにつくダニの対処法

【ダニ博士コラム】気になる犬や猫、鳥などペットにつくダニの対処法

ダニは様々な食性をもち、なかには動物に寄生するものもいます。そうしたダニの一部はペットや、人間にも寄生します。そして、ときには重篤な被害をもたらすこともあります。本稿ではペットや人間にもつくダニについて紹介し、それらの対処法について紹介します。

犬やネコにつくダニ

恐らく、多くの家庭で一般的に飼われている動物と言えば、やはり犬やネコになると思います。最近では家の中でこれらの動物が飼育されることも増え、公衆衛生にも気が遣われるようになってきたので、犬・ネコに寄生するダニも以前ほど頻繁に問題になることはなくなってきたと思われますが、そのぶん、飼い主のダニに対する知識や経験が不足しがちなため、いざ発生したときに対処が遅れてしまうこともあるようです。以下に、代表的な寄生ダニであるヒゼンダニ、ニキビダニ、ミミヒゼンダニについて紹介します。

犬・ネコでよく問題になるダニはヒゼンダニ

このダニは犬やネコの皮膚に寄生して、疥癬という皮膚病を引き起こします。このダニは身体の大きさが0.4ミリと極めて小さく、皮膚の角質層に寄生し、この角質層を食べていると考えられています。吸血はしないのですが、このダニが増えるとアレルギー反応が生じて、皮膚がかぶれて、猛烈な痒みを生みます。

BKG58J Scabies mite
図.ヒゼンダニ

これら犬・ネコのヒゼンダニは、人間にも一時的に寄生することがありますが、ヒゼンダニの仲間は、宿主動物の種ごとに決まった系統がいるようで、犬・ネコのヒゼンダニは人間の皮膚で増えることはできません。ちなみに人にも疥癬をもたらす「ひと専門」のヒゼンダニがいます。

ヒゼンダニには有効な駆除剤があります。またヒゼンダニによる疥癬にも有効な治療薬があります。もし、上記のダニや疥癬が認められたら、速やかに獣医さんの診療を受けて下さい。もし飼い主さんの身体にもかぶれ等が生じた場合は、このダニのことも疑ってみて皮膚科に行くことをおすすめします。

人間でも気になる「ニキビダニ」はペットにも

「ニキビダニ」とは、デモデクスという属名のダニで、人間の顔にも寄生する「顔ダニ(ニキビダニ)」の仲間です。身体の大きさは体長0.2ミリメートルという極小サイズです。人間のニキビダニ同様、犬やネコの皮膚の皮脂腺に寄生して、皮脂を餌にして生息しています。

これもやはり人間のニキビダニと同様に、普段から犬やネコの皮膚に住んでいる常在種であり、大量発生しなければ健康上何も問題は無いのですが、犬やネコの体調が悪くなって、ダニの数が増えると皮膚炎の原因になります。このダニにもよいお薬があるので、皮膚が赤く爛れるような症状が出た場合は獣医さんに見せて、治療を受けて下さい。なお、犬やネコのニキビダニが人間にうつることはありません。

%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%8b-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
図.ニキビダニ

「ミミヒゼンダニ」とは、上記のヒゼンダニの仲間で、犬の耳にだけ寄生するダニです。こちらも耳の中の皮膚の角質層に寄生して繁殖し、耳に激しい痒みをもたらします。その結果、犬がやたらと耳をかいたり、頭を地面にこすりつけたりする行動をとります。このダニについても獣医さんの診断と治療を受けて下さい。

犬・ネコのダニ対策

上記のいずれのダニも伝染力が強いので、発症した犬やネコがいる場合、他のペットにダニが移らないように速やかに隔離する必要があります。またこれらのダニは動物の身体から離れると数日以内に死亡してしまいます。犬やネコを飼育している家庭ではこまめに掃除をして、床や飼育具を常に清潔にしておくことが大切です。また、定期的に獣医さんの健康診断を受けることも早期発見・早期治療の要です。

鳥に寄生するダニ対策

ペットで鳥を飼育する方や、あるいは庭にニワトリを放し飼いにしているという方もいらっしゃるかもしれませんが、鳥類にもいろいろなダニが寄生します。そのなかでも気をつけなくてはいけないダニがトリサシダニ(0.75〜1ミリメートル)になります。このダニも吸血性のダニで、人間にも被害をもたらします。

かつて農家等で鶏小屋が家の近くに置いてあった時代には、かなり厄介な害虫でしたが最近では販売されている鳥類には、まず寄生していることはありませんので、お家の中で飼育している鳥に関してはあまり心配する必要はありません。

昆虫の幼虫に寄生するダニ

昆虫にもダニが寄生します。特にチョウや甲虫の幼虫にはシラミダニというダニがつきます。このダニは、昆虫の幼虫の体液を吸って生きています。このダニが家の中に侵入すると人間にも刺してきて、アレルギーによる皮膚炎を引き起こすことがあります。

近年は、クワガタムシや蝶類等、昆虫をペットとして家の中で飼育するケースも増えており、シラミダニについても発生には警戒が必要です。

ところで、このシラミダニは変わった繁殖様式をもっており、子供は卵で産み落とされるのではなく、母親の体内でふ化して、成長します。そしてさらに驚くべきことに成長した子供たちは母親の体内で交尾を済ませて、妊娠した状態で生まれてくるのです。

%e3%82%b7%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%8b151130b-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
図.シラミダニの雌成虫:母親の体内で幼ダニが育ち、兄妹交尾を済ませて生まれてくる

こんな生殖様式では近親交配が続くので遺伝的に劣化するのではないかと思われますが、たまに母親の身体が子供たちの成長に耐えきれなくなって、子供たちが交尾する前に破裂して、未交尾の子供たちが生まれてくることがあります。同様に別の母親から未交尾で生まれてきた子供たちと出会うことで、外系交配が行われ、遺伝子の多様性が維持されていると考えられています。

ペットに寄生するダニでもっとも注意を要するのはマダニ

マダニ類は吸血性のダニで、哺乳類だけでなく、鳥類や爬虫類にも寄生して、さらにそれらは人間からも吸血をします。マダニ類は、普段は野外の森林や草原に生息する吸血性のダニですが、身近な公園や河川敷、田んぼや畑のあぜ道などの草むらにも潜んでおり、こうしたエリアで犬やネコを散歩させるとマダニに咬まれることがよくあります。そして、マダニに咬まれたペットを家の中に連れ帰ることでマダニが家の中にも持ち込まれるケースが発生します。また、ペット用に輸入されたヘビやカメ等、外国産爬虫類にマダニが寄生しているケースも確認されています。これらのマダニは、外国産のマダニで、爬虫類に随伴して国内に持ち込まれたものと推測されています。

マダニ類は、ダニ脳炎ウィルスや、日本紅斑熱ウィルス、ライム病ボレリアなど、人間にも感染し得る病原体を保有していることがあり、ペットから人間にうつることで、感染症を引き起こす恐れがあります。

%e3%83%9e%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%8b150611-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
図.マダニ

特に近年、日本国内では新たに発見されたSFTS(重症熱性血小板減少症候群)というマダニ媒介性ウィルス病の流行が警戒されています。2011年にはじめて国内で症例が確認されて以降、これまでに200人以上の患者が出ており、うち50人近くが死亡しています。ワクチンが未開発の現段階では非常に致死率の高い病気であり、たかがダニと油断することは禁物です。

犬やネコを散歩させるときは、マダニが潜んでいそうな草むらを避ける、また庭や自宅の周辺で雑草が伸びないよう除草を心がける、等の対策をとるとともに、獣医さんから適切な犬・ネコ用のダニ防除剤を処方してもらっておくことが大切です。

また万一、ペットがマダニに咬まれた場合、自分で手で潰したり抜き取ったりするようなことはせずに、獣医さんに見せて、処置してもらうようにします。犬についたマダニを素手でつぶして除去していた飼い主さんがSFTSに感染して死亡したという事例が報告されています。マダニや動物の血液に直接触れることは避けなくてはなりません。

人間がマダニに咬まれた場合も速やかに皮膚科のお医者さんに行って、施術を受けるようにします。無理に自分でマダニを抜き取ろうとすると、ダニの身体を潰して、ダニ体内の血液とともにウィルスを人間の体内に逆流させる恐れがあります。

これから夏に向かって、ダニの活動も活発になってきますので、ペットも人間も、ダニの寄生には十分に注意を払う必要があります。

国立研究開発法人 国立環境研究所
生物・生態系環境研究センター
生態リスク評価・対策研究室 室長
五箇 公一 先生

1990年,京都大学大学院昆虫学専攻修士課程修了,1990年,宇部興産株式会社農薬研究部入社。1996年,京都大学博士号(論文博士)取得(農学)。1996年,国立環境研究所入所。 2016年から現職,現在に至る。
専門は保全生態学・環境毒性学・農薬科学・ダニ学。環境省・外来生物法の策定や農林水産省・農薬取締法の改正など、環境リスクにかかる国の法律・制度に専門家委員としてかかわる。
主な著書にクワガタムシが語る生物多 様性(集英社,2010),昆虫科学読本. 日本昆虫科学連合・編(共立出版,2015), 感染症の生態学. 日本生態学会・編(共立出版,2016)など。
テレビや新聞等マスコミを通じて,生物多様性・生態リスクの啓蒙にもつとめる。

注)すべての図の無断転載・流用は禁止しています。

選べるレイコップのふとんケア

レイコップRX
脱臭機能「まくらモード」を備えた新プレミアムモデル

レイコップRS2
ふとんケアコントロールを搭載した スタンダードモデル

レイコップ LITE
基本機能を搭載した エントリーモデル

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE