レイコップ・ジャパン株式会社

あなたの親は大丈夫?免疫力が弱まる高齢者こそ取り入れたい、手軽にできる効果的なふとんケアとは

仕事の都合や住居環境により親と離れて暮らす人は多く、別居している親の年齢が上がるにつれて、健康が気になるのではないでしょうか。30代と40代を対象に親と離れて暮らす人の割合と心配される健康状態についてアンケートを実施したところ、ある傾向と対策が見えてきました。離れていてもできる方法で健康管理を考えてみましょう。

親と離れて暮らす人は約8割、高齢者世帯は増加傾向にある

【質問】
現在親と離れて暮らしていますか?
【回答数】(n=100)
は い:80
いいえ:20

 

はいと答えた人が80人、いいえと答えた人が20という結果となりました。
30代から40代の親となると60代から70代以上という高齢者が多くなります。全体の8割の人が親と離れて暮らしており、それだけ高齢者世帯が増加していることがうかがえます。

両親が揃った状態でも高齢者だけとなると、健康面や生活上の不便、トラブルなど心配は多くなりがちなものです。配偶者を亡くした場合には高齢な上に単身で暮らしていることになり、離れて暮らす人にとっては、健康面は特に気になる部分ではないでしょうか。

高齢者の免疫力低下に関係するアレルギー

【質 問】
親はアレルギー(ダニ、花粉、ハウスダスト)を持っていますか?

【回答数】(n=100)
は い:33
いいえ:41
わからない:6

はいと答えた人が33人、いいえが41人、わからないという回答は6人という結果が出ました。明らかに持っている人が33人ですが、わからないという回答者の中にも含まれている可能性はあります。
はっきりした回答は33人ですが、予備軍や実際には持っている可能性のある人もいます。

また、離れて暮らしていると親の健康状態についてあまり把握できていない方も多いのではないでしょうか。アレルギーは免疫力の低下にも関係するものなので、加齢によっても引き起こされることがあります。高齢者の健康については本人だけではなく、家族も注意して健康状態を尋ねたり、様子を見たりすることが望ましいでしょう。

高齢者にとって免疫力が落ちる睡眠時こそ、清潔な布団は重要

【質問】
親の睡眠について、最も不安に思う点はなんですか?(自由回答)

【回答コメント】
●父親が、時々いびきの途中でとまってしまうことがあります。無呼吸症候群だと言っていました。(30代/女性/パートアルバイト)

●花粉が飛ぶ季節になると鼻水が止まらないようになるので、安眠が取れずに心配です。(30代/男性/契約派遣社員)

●あまり熟睡できていないこともあるのではないかと不安に思います。(40代/女性/パートアルバイト)

●年齢と共に、段々眠りが浅くなってきたと親が悩んでいた点です。(30代/女性/専業主婦)

●睡眠は特に問題ないと思うけど、母がアレルギーで鼻水やくしゃみが止まらなくて眠れないことがあるらしい。布団を干すにも大変なので、布団乾燥機でしのいでいるけどそれで十分なのか不安。(30代/女性/無職)

●とにかく歯ぎしりといびきがすごいことです。どうにかならないものかと思う。(40代/男性/会社員)

多くの回答コメントには睡眠の質を心配する声がみられました。中でも、花粉やダニなどのアレルギーから睡眠不足や体調を崩すことを心配して、布団の清潔を保つことに関心を持つ人のコメントが目立っています。

まとめ 手軽にできるぐっすり眠るため対策とは

健康上の問題は、親と離れて暮らしているとなかなか気づきにくく、何かあってもすぐに行けないことも多いものです。高齢者になればなるほど、睡眠時に体調が変化したりアレルギーが悪化したりすることも考えられ、離れて暮らす人にとっては気にかけたい部分ではないでしょうか。

アレルギーを抱えている場合、食事だけでなく肌に触れることの多い布団はさらに気にしてあげる必要があります。健康で質の良い睡眠を摂るには掃除の行き届いた清潔な布団で寝るのが理想的です。布団が干せない環境でも、レイコップのような布団クリーナーならふとんを干す手間もなく、手軽に布団の清潔を保つことが可能です。コンパクトで場所を選ばず、高齢者でも使いやすいので、贈り物の際には検討してみてはいかがでしょうか。

ハウスダストから大切な人を守ります

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE