知ってた?ふとんを正しい順番でかけて暖かさアップ

寒い時期になってくると、ふとんや毛布を重ねることが増えてきます。そのとき、皆さんはどの順番でふとんを重ねていますか?おそらく多くの方は毛布を下に、掛け布団を上にしている方も多いのではないでしょうか。実はそれは保温面で言えば必ずしも正しい方法とは言えません。
羽毛布団の場合、より暖かいのは羽毛布団の上に毛布、つまり毛布が一番上にくるかけ方が最も暖かいスタイルなんです。

どうして毛布が上だと温かく感じるの?

これにはきちんとした理由があります。分厚くてふかふかの羽毛布団ですが、間に毛布を挟むとせっかくの高い保温性を毛布が遮断してしまい、身体に伝わらないのです。これではどれだけ高級な羽毛布団を使っても温かさを実感しにくくなってしまいます。
毛布は肌触りがいいので、なんとなく下にしていたい方も多いのではないでしょうか?暖かさか肌触りのどちらを優先するかですが、保温という観点からいうと「羽毛布団の場合は毛布が上」と覚えておきましょう。

ただし、ふとんの素材によって順番は異なる

基本的には「保温性の高い順番で下にする」のが効果的です。毛布と羽毛布団の場合、羽毛布団のほうが圧倒的に保温性が高いので羽毛布団が下となります。
しかし、合繊(合成繊維)や綿布団の場合は、順番が逆となり、これらの場合は毛布を下にすると効果が高いと言えます。これも保温性の順番から言えることで、保温性が高い素材を肌に密着させると覚えましょう。羽毛布団がここまで流通する前は綿布団が主流だったこともあり、毛布を下にする習慣はその名残である部分が大きいようです。

暖かさアップで快眠を目指そう

睡眠時の温かさは、ふとんのかけ方一つで改善できる簡単な方法です。暖かさは良質な睡眠を取る上でも欠かせない要素です。特に寒い季節では、より一層気をつかうべきところですよね。
免疫力の低いお年寄りやお子様、冷え性に悩む女性など、身近に寒さで悩んでいる人や間違ったふとんのかけ方を続けている方がいたら、ぜひこの正しいふとんのかけ方を教えてあげてください。

快眠は温度できまる ふとんコンディショナー誕生

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE