レイコップ・ジャパン株式会社

【LIFE COLUM】寝室は、窓ガラスの結露対策をしっかりと。

■寒くなると、寝室の窓ガラスに結露がおこる理由

朝、目覚めると窓ガラスに結露がビッシリ!というのは、寒い冬によく見られる光景です。頑張って拭いても翌朝にはまた結露が発生して、ウンザリしている人はいませんか?結露がおこる原因を知って、対策をしっかり行いましょう。

空気中にはたくさんの水蒸気が含まれていますが、どれだけの量を抱え込めるかは温度によって決まっています。温度が高いほどたくさんの量の水蒸気を抱え込めますが、低くなれば抱え込める量も減ってしまうのです。では、暖かい空気が冷やされるとどうなるでしょう。抱え込める水蒸気の量がオーバーしてしまい、水滴となります。これが結露の正体です。

■窓ガラスに置き換えて考えてみましょう。

冬の室内は、暖房などによって暖められています。一方、窓ガラスは冷たい外気によって冷えています。室内の暖かい空気が冷たい窓ガラスにぶつかると、水蒸気の容量オーバーがおこります。行き場を失った水蒸気は、水滴となって窓ガラスにくっつくというわけです。とくに寝室は加湿器を使用することも多く、結露が促進されがちです。

■結露がたまると、カビが発生する原因に

何よりも心配なのは、カビをそのままにしてしまう事です。
カビの胞子は、アレルギー性鼻炎、ぜん息、アトピー、アレルギー性結膜炎といったさまざまなアレルギー疾患を引き起こす危険性があります。たかが結露とあなどることはできません。

結露対策をして、冬も快適な寝室環境を

最近は、結露防止グッズもたくさん売られているので好みに合わせて選ぶと良いでしょう。「結露防止フィルム」や「結露防止シート」を窓に貼ると、断熱効果が得られるので省エネにもなります。「結露吸水テープ」は、雪の結晶柄や動物柄などかわいくてお洒落なものがそろっています。インテリアも楽しみながら結露対策をしたい人におすすめです。
「リーズナブルに結露対策をしたい!」という人には、新聞紙を窓ガラスに張り付けるのはいかがでしょうか?新聞紙が結露を吸水してくれます。そのまま丸めて窓を拭けば、インクの油で窓がピカピカになって一石二鳥なんですよ。

99%以上の除菌・脱臭を実現 レイコップRX誕生

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE