枕の向きはどこがベスト?それぞれの方角に意味がある

枕はどの方角に向けて置くとよいのでしょうか?日本では北向きでなければどちらの方角でもよいという雰囲気がありますが、枕を置く方角にはそれぞれ意味があるようです。そこで、枕を置くのに向いている方角についてご紹介します。

昔から言われているのは「北枕はNG」のワケ

「北枕は縁起が悪い」というのは、葬儀の際の遺体を北枕で安置するからというのが一般的です。しかし、遺体の枕の向きはお釈迦様が亡くなったときの枕の向きに由来しているのに、仏教国のインドでは北枕を避ける風習がありません。それどころか、お釈迦様は日常的に北枕で寝ていたため、逆に「北枕は縁起がよい」としているそうです。

当時は家のすき間が多い木造建築だったため、北枕で寝ると、北風がすき間から入ってきて首元が冷え、病気になりやすかったためではないかという説もあります。
諸説ありますが、現在の気密性のよい家では北枕だからNGというのは気にする必要はなさそうです。

風水では、それぞれの方角に意味がある

風水ではそれぞれの方角に意味があります。例えば、日本では縁起が悪いとされている北枕ですが、風水では気が北から南へ向かって流れると考えられているため、最もよいとされる方角です。健康運や金運に加え人間関係もよくしてくれるため、幅広くおすすめできる方角です。また南は直観力や発想力が冴えて寝つきが悪くなるため、枕の向きとしてはあまりおすすめしないとも言われています。逆にクリエイティブや芸術思考の人には人気のある方角のようです。

東は太陽が昇る向きであるため、風水では若さやエネルギーを象徴する方角です。そのため、仕事運を高めたい人には東枕がよいでしょう。逆に西は太陽が沈む方角のため、落ち着きや静けさを象徴します。そのため、心身共にゆっくり休みたい人には西枕がおすすめと言えます。

結局枕はどの方角に置くのがいいの?

風水的という話になってしまいますが、良好とされる枕の向きは北枕、次に東枕がよいとされています。しかし、先述の通りクリエイティブな仕事をしている人には、一般的には悪いとされる南枕がよいとされています。

枕を置く方向は寝室の扉の位置や家具の配置などであらかじめ限られるため、いくら風水で悪いと言われてもその方角に枕を置かざるを得ないこともあるでしょう。その場合には、気の向きを変える対処をします。例えば、火の気が強い南枕にせざるを得ない場合には、南側に水の気を持つ観葉植物を置くなどの工夫で気をさけられることもあるのだとか。

もちろん、風水には科学的な根拠はありませんから、信じない人にとっては、寝室の窓や扉の位置を基準に落ち着いて寝られる位置に枕を置くのがベストでしょう。

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE