レイコップ・ジャパン株式会社

よく眠れるように!働く女性オススメの「睡眠環境作り」3選

ぐっすりと眠ることは美容にも健康にもいいというのは、よく知られていることですよね。質の高い眠りを手に入れるためには、睡眠環境を整えることが大事ですが、みなさんはどんな風に工夫していますか? 今回は、女性たちがよく眠れるためにしている睡眠環境作りについて聞いてみました。

働く女性オススメの睡眠環境作り

(1)質のいい寝具を使う

「マットレスをいいものにする」(23歳/事務系専門職)

「肌触りのいい布団カバーやシーツ」(31歳/秘書・アシスタント職)

「湯たんぽで布団をあたためるとしっかり眠りにつくことができます」(32歳/その他)

寝るときに寝具の肌触りが不快なものだと、寝つきが悪くなったり途中で目が覚めてしまうこともありそう。寝心地をよくしてぐっすりと眠るためには、自分に合った寝具やマットレスを使うことが大事なようです。寒い季節は布団をあたためておくと、快眠できそうですね。

(2)寝る前にリラックスする

「入浴剤を入れてお風呂に入る」(23歳/不動産/事務系専門職)(23歳/事務系専門職)

「寝る前はPCやスマホを触らず、ゆっくりストレッチやマッサージをする」(26歳/事務系専門職)

「スマホをいじらない。寝る前にきちんと寝巻きに着替えて(これから寝るよという儀式)、体を睡眠モードにする」(30歳/事務系専門職)

体が疲れすぎていたり、悩み事を抱えたまま寝ようとしてもいつまでも眠れずイライラしてしまうことがあります。そんなときは、お風呂に入ったり、軽くストレッチしてリラックスするとよく眠れるそうです。寝る直前までスマホやパソコンをいじるのは、睡眠に悪影響を与えるのでやめたほうがよさそうですね。

(3)アロマやライティングで環境を整える

「ラベンダーのアロマを使う。リラックス効果があって、スムーズに眠りにつける」(25歳/専門職)

「明かりを暖色系にして眠気を誘ってから寝る」(29歳/技術職)

「部屋が真っ暗になるよう、遮光カーテンで窓の外の光漏れも塞ぐ」(32歳/事務系専門職)

真っ暗のほうが寝やすい人、ぼんやりとした照明があるほうが寝やすい人など、部屋の明るさにも好みがあるので、寝室の証明は自分にとって心地いい暗さにすることも大切です。アロマなどでいい香りを楽しみながら眠りにつくと、ぐっすり熟睡できるかもしれませんね。

まとめ

寝具や部屋の明るさ、香りなどを自分好みにすることで、快眠できる環境を作っている女性は多いようです。仕事のストレスなどで常に緊張状態にある人は、自分なりにリラックスする方法を知っておくというのも大事なのかも。睡眠は体を休めるだけでなく、脳をリラックスさせるためにも欠かせない時間。翌日も元気でいるためにも、睡眠環境を見直してみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)※画像はイメージです ※記事提供:マイナビウーマン/ マイナビウーマン調べ。調査日時:2016年2月16日~2016年2月22日 調査人数:137人(22~34歳の女性)

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE