赤ちゃん用の布団は何が最適?選び方のポイントとは

赤ちゃん用の布団は何が最適?選び方のポイントとは

一般的な布団は柔らかすぎたり重すぎたりと赤ちゃん向きではないため、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。それに比べて、ベビー布団は赤ちゃんが心地よく眠れるように作られています。赤ちゃんの安全と健康のためにベビー布団の特徴やメリット、選び方について紹介していきます。

little baby with mother hand

赤ちゃん用!ベビー布団とは一体何?

生まれたばかりの赤ちゃんは大人とは違い体温調節がうまくできません。そのことから、とても汗っかきであるという特徴があります。新生児ですと1日に20時間ほど睡眠をとるので、お昼寝しただけで汗びっしょりということもあるでしょう。肌が非常に敏感なので合わない布団を使うことで湿疹などのトラブルを引き起こすこともあります。
さらに、新生児ではおっぱいの吐き戻しなども考えられるので、大人サイズの布団を使っていてはなにかと不便であることが多いのです。
ベビー布団はこれらのお悩みやトラブルを解決できるように作られた布団です。睡眠は赤ちゃんにとって成長するために必要不可欠なので、健やかな睡眠をサポートしてくれるベビー布団はなるべく用意した方が良さそうです。

ベビー布団の特徴は?使用するメリットとデメリット

ベビー布団の大きな特徴としてお家で簡単に丸洗いできるということがあげられます。赤ちゃんが就寝時にかく汗や皮脂はダニの大好物なので、こまめに洗濯できる仕様は非常に高いメリットといえるでしょう。オムツのお漏らしや、おっぱいの吐き戻しをしてもすぐに洗って取り換えることができるため衛生的です。また、大人用布団とは違い赤ちゃんが寝返りしやすい適度な硬さがあることも魅力です。赤ちゃんが安全に眠れるということもベビー布団ならではの特徴といえるでしょう。

一方で、購入費用がかかるデメリットがあげられます。1年を待たずにベビー布団を卒業してしまう赤ちゃんがほとんどなので、なるべくなら安く済ませたいと考える人が多いのも事実。安くても機能性の高いものを選ぶにはベビー布団について詳しく知っておくことが重要です。

ベビー布団はどうやって選ぶ?選び方のポイント

掛け布団は、赤ちゃんが寝苦しくならないように軽くて薄いものを選びます。重いと寝返りしにくいので、寒く感じる時は寝巻きやタオル、敷き毛布などで調整するようにしましょう。

掛け布団の素材は羽毛タイプとポリエステルタイプなどがあります。
羽毛タイプは暖かくて蒸れにくく、もし冬を迎える前であれば、寒い季節にぴったりなのでオススメです。
また、ポリエステルタイプはすぐ乾くので洗濯しやすいのが特徴です。ふとんを汚しやすい新生児に適しているオールマイティな良さがあります。

赤ちゃんの成長や生まれた季節を考慮してベビー布団を選ぶと失敗が少なくなります。敷き布団は柔らかすぎると赤ちゃんの体が沈んで呼吸がしずらくなってしまう可能性があります。骨が未発達な赤ちゃんは寝るときに背骨をサポートしてくれる硬さが必要なので、くれぐれも柔らかすぎる布団は避けましょう。

ベビー布団のセットに必要!欠かせないアイテムは?

ベビー布団だけでは洗濯するときなど不便なことも多いので、便利アイテムとセットで購入しましょう。もっとも必要なのは防水シーツです。赤ちゃんは1日数回お布団を汚してしまうこともあるので、すぐに取り換え可能で洗濯できてしまう防水シーツは用意しておきたいアイテムです。

布団を頻繁に洗濯できないというご家庭ではシーツやタオルケットを購入しておくのが良いでしょう。赤ちゃんはたくさんの汗をかくので抗菌加工されているものが多いですが、シーツ類はこまめに交換するのがベストです。予備を十分に確保しておくことで洗濯しても問題なく赤ちゃんを寝かせることができます。購入するときは、最低限防水シーツやタオルケットとセットになっているものを選ぶのが良いでしょう。

ベビーベッドの特徴は?使用するメリットとデメリット

続いてベビーベッドはどうでしょう。基本的にお母さんやお父さんが赤ちゃんのお世話をしやすいように作られている機能性の高いベッドです。
ベビーベッドの下の空いている部分が収納スペースになっていたり柵の開閉ができることでおむつ交換がしやすくなっていたりとさまざまな工夫がプラスされています。ほかにも、折りたたみ式でコンパクトに収納できるものやベビーサークルとして使えるものもあります。
長い期間使用できるので1歳を過ぎても利用したいという人にぴったりです。

ベビーベッドを使うメリットとしては、赤ちゃんを床のほこりやペットから守ってくれるということがあげられます。衛生面を考慮するならベビーベッドを使うのもひとつの選択肢といえるでしょう。ただベビーベッドには赤ちゃんが転落する危険性といったデメリットがあります。基本的に床板の高さを調節できるように設計されているので、赤ちゃんがつかまり立ちできるようになっても柵から出ないようにすることが可能です。しっかりと赤ちゃんの成長に合わせてベッドの管理が必要です。それでも心配という人はベビーベッド専用のベッドガードが販売されているので、そちらを併用することもオススメです。

まとめ

ベビー布団は、赤ちゃんには最適に考えられた布団です。トラブルを回避するだけではなく、睡眠しやすい環境を整え成長をサポートしてくれる優れたアイテムです。赤ちゃんの健やかな睡眠と安全を確保するためにぜひ検討してみてくださいね。

99.9%除菌・99%ウイルス除去

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE