最適を探せ!寝室のカーテン選びのコツとは

最適を探せ!寝室のカーテン選びのコツとは

寝室は質の良い睡眠をとり明日への活力を生み出す空間だからこそ、常に快適さを保ち安眠できるよう工夫したいものです。そんな寝室づくりでこだわりたいのがカーテン選びです。どんなカーテンをつけるかによって寝室の雰囲気や運気は大きく変わります。ここでは、寝室のカーテン選びのポイントについてまとめています。

Hotel Room

まずはカーテンの色選び!目的別の選び方の基本

寝室のカーテンを選ぶ際の方法として、室内の家具や照明などのインテリアに合わせて選ぶというものがあります。カーテンは部屋の印象を決める重要なアイテムなので、寝室の家具との調和を考えバランスのとれたカラーやデザインを選びましょう。

例えば、太目のストライプでモダンな雰囲気、甘すぎないカジュアルな雰囲気を出すなら細かいチェック柄、無地で寝室の統一感を演出するなど、色や柄で大きな違いが出るので、季節や暮らしのテイストによって選ぶのが楽しいですね。

色はベージュやブラウン系ならどんな雰囲気の寝室にも合わせやすく、落ち着きのある万能カラーです。壁紙の色と調和させることで、部屋をより広く見せる効果もあります。

安眠効果を高めたい!おすすめのカーテンは?

寝室のカーテン選びの際、安眠を邪魔しない存在であるかどうかは重要です。ビビットカラーを控え、落ち着いたカラーでは心理的なリラックス効果につながるでしょう。

やわらかいブルーは精神的な落ち着きを促し、若草色などのグリーン系は穏やかで安らぎのある雰囲気を作るとされています。寒色系を目にすることで副交感神経が優位になり入眠しやすくなるという説もあります。
逆にレッドなど極端な暖色系は気持ちを高揚させるとされています。そのため入眠が遅くなる可能性があるのです。できることなら、入眠時に目にする可能性の高い寝室のカーテンは落ち着いた色合いがおすすめです。また、気持ちを落ち着かせるという点では木目調などベージュ系も良いでしょう。

さらに、より深い眠りを重要視するなら遮光性の高さも忘れてはいけません。光を遮ることができるので、睡眠中に脳が光を感知せず静かな眠りを得ることが可能になります。薄めのカーテンにより太陽の自然な光で起きることが良しとされる説もありますが、そこは入眠するのが大変なのか、目覚めが大変なのか自分の状態に合わせてカーテンを選択することも必要です。

清潔な寝室で、安らげる空間をつくろう

そもそも快適な寝室を作るために、まずはきれいで清潔な空間を保つということが大事です。部屋にほこりがたまったり、シーツや枕カバーを洗濯しないままだったりすると健康面だけではなく、気持ちの上でもあまりよくありません。なかなか掃除ができないときでも、ふとんクリーナーなどを使えば簡単に布団を除菌・清潔に保つことが可能です。休日には部屋に自然の空気を入れ替えて寝室をリセットするようにしましょう。

心地よい寝室づくりに最適なふとんクリーナー

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE