MAINTENANCEお手入れ方法

コードレススティッククリーナー RHC-300/100
お手入れ方法

コードレススティッククリーナー レイコップRHCをより清潔で衛生的にお使いいただくためのお手入れ方法をご案内します。適切なメンテナンスを行うことでより効果的にご愛用いただけます。お手入れは定期的に行いましょう。本ページで紹介する消耗品は、レイコップお客様サポートセンターまでお問い合わせください。

ゴミ捨て

ダストボックス内のゴミを手軽に捨てることができます。

■ ダストボックスを確認する

ゴミの高さがMAX表示に到達する前にゴミを捨ててください。

【注意】
・ゴミがいっぱいになると、吸引力が弱くなることがありますので、掃除前後にダストボックスのお手入れをお勧めします。
・ゴミがMAX表示を超えて運転した場合、フィルターにゴミが付き、吸引力が低下します。

■ ゴミを捨てる

1
・ダストボックスのカバーを下に向け、カバーボタンを押してカバーを開けてください。
2
・ダストボックスのゴミを捨ててください。ゴミが残っていないことを確認してからカバーを閉じてください。
【注意】
・ダストボックスセットをしっかりと組み立てずに本体に取り付けした場合、吸引力が低下したり、ゴミがダストボックスの外に漏れるなど、 故障の原因となります。

ダストボックスセットのお手入れ

月1回以上、定期的に洗ってください。掃除をした後は、必ずダストボックスセットのお手入れをしてください。

水洗い可能なパーツ
ダストボックス,フィルター,フィルターセット
スポンジフィルターカバー,スポンジフィルター,スポンジフィルターケース
1
・ダストボックス取り外しボタンを押しながら矢印方向にダストボックスセットを取り外してください。
2
・ダストボックスセットからダストボックスを上図のように取り外してください。
3
・スポンジフィルターケースのマークとフィルターのマークを確認後、フィルターを矢印方向に回し取り外してください。ダストボックスを上図のように取り外してください。
4
・フィルターセットからスポンジフィルターカバーを取り外した後、スポンジフィルターカバーを裏返し、スポンジフィルターを取り外してください。

■ フィルターを洗う

1
・フィルターに付いたゴミは歯ブラシなどで取り除いてください。
2
・フィルターを水洗いしてください。水気をしっかりと切り、風通しの良い日陰で、完全に乾くまで(24時間以上)乾燥させてください。

■ スポンジフィルターを洗う

1
・スポンジフィルターに付いたゴミを取り除いてください。
2
・スポンジフィルターを水洗いしてください。水気をしっかりと切り、風通しの良い日陰で、完全に乾くまで(24時間以上)乾燥させてください。

■ ダストボックスを洗う

・ダストボックスのゴミを捨ててから水洗いしてください。水気をしっかりと切り、風通しの良い日陰で、完全に乾くまで(24時間以上)乾燥させてください。
【注意】
・お手入れ後、組み立てる前にフィルターおよびフィルターセット、ダストボックスが完全に乾燥しているか確認してください。(完全に乾燥させないと製品の性能に問題が発生する可能性があります。)
・直射日光のあたる場所で長時間保管すると製品が変形したり変色のおそれがありますので、日陰で保管してください。
・フィルターとフィルターセットはきれいな水が流れるまで、繰り返し洗ってください。
・月1回以上、フィルターおよびフィルターセットをお手入れしてください。
・<ターボモード>を主に使用したり、使用頻度が高い場合はより頻繁にお手入れしてください。

■ ダストボックスセットの組み立ておよび取り付け

1
・スポンジフィルターカバーにスポンジフィルター、スポンジフィルターケースの順で取り付けてください。
2
・スポンジフィルターケースのマークと、フィルターのマークを合わせてから、フィルターを矢印方向に回し、カチッと音がするまでしっかりと取り付けてください。
3
・フィルターが取り付けられたフィルターセットを、ダストボックスにしっかりと取り付けてください。
4
・ダストボックスセットを本体の穴に合わせて矢印方向に取り付けてください。
【注意】
・スポンジフィルターをフィルターセットに取り付けずに使用した場合、本体へゴミが入り込み故障の原因となります。
・スポンジフィルターはお客様サポートセンター(0120-363612)にお問い合わせいただき、純正品をご購入の上交換してください。

ヘッドのお手入れ

ブラシに異物が付着していると性能が低下します。定期的にお手入れをしてください。

■ パワーヘッドのお手入れ

1
・パワーヘッドのロックノブを矢印方向に開けてください。
2
・ブラシをパワーヘッドから取り外してください。
3
・ブラシに絡んだ髪の毛や糸くずなどは、はさみで切って取り除いてから、乾いた布でブラシに付いたゴミを取り除いてください。
4
・パワーヘッドの内側に付いたゴミを水または中性洗剤を付けた布で拭き取ってください。
5
・ブラシを内側の穴に合わせて取り付けてください。
6
・パワーヘッドのロックノブを矢印方向に閉めてください。
【警告】
・ブラシは水洗いしないでください。故障の原因となります。
【注意】
・ブラシの毛が摩耗したり傷んだ場合、使用を中止しお客様サポートセンター(0120-363612)にお問い合わせいただき、純正品をご購入の上交換してください。
・ブラシをパワーヘッドにしっかりと取り付けず作動するとけがまたは故障の原因となります。

■ UVヘッドのお手入れ(RHC-300のみ)

1
・両側にあるUVヘッドのロックキャップを矢印方向に引いてください。
2
・グリルをUVヘッドから取り外してください。
3
・フィンパンチブラシをUVヘッドから取り外してください。
4
・フィンパンチブラシに絡んだ髪の毛や糸くずなどは、はさみで切って取り除いてから、乾いた布でフィンパンチブラシに付いたゴミを取り除いてください。
【警告】
・フィンパンチブラシは水洗いしないでください。故障の原因となります。
【注意】
・フィンパンチブラシの毛が摩耗したり傷んだ場合、使用を中止しお客様サポートセンター(0120-363612)にお問い合わせいただき、純正品をご購入の上交換してください。
5
・UVヘッドの内側に付いたゴミを水または中性洗剤を付けた布で拭き取ってください。
6
・フィンパンチブラシを内側の穴に合わせて取り付けてください。
7
・グリルフックをUVヘッドにはめ込んだ後、穴に合わせて取り付けてください。
8
・両側にあるUVヘッドのロックキャップを矢印方向に閉めてください。
【注意】
・UVランプセットを取り外す時、UVランプが保護ケースから外れないよう注意してください。
・フィンパンチブラシをUVヘッドにしっかりと取り付けずに作動するとけがまたは故障の原因となります。

■ UVランプのお手入れ(RHC-300のみ)

1
・ドライバーで、ねじを4ヶ所取り外してください。
2
・UVランプフレームをUVヘッドから取り外してください。
3
・UVランプロックレバーを回してロックを解除してください。
4
・UVランプセットをUVヘッドから取り外してください。
【注意】
・UVランプの内部にある銀色の玉はUVランプの点灯に必要な物質です。玉の転がる音がする場合がありますが、製品の異常ではありません。
5
・下図のようにUVランプセットを矢印方向に取り外した後、乾いた布でゴミを拭き取ってください。
【注意】
・UVランプセットのお手入れ時、破損にご注意ください。けがの原因となります。
・UVランプセットは水洗いしないでください。故障の原因となります。
6
・UVヘッド内側に付いたゴミを水または中性洗剤を付けた布で拭き取ってください。
7
・UVランプセットを内側の穴に合わせて取り付けた後、ロックレバーを回し、閉めてください。
8
・UVランプフレームをUVヘッドにはめ込んだ後、ドライバーで、ねじを4ヶ所取り付けてください。