美人はみんな知っている睡眠美容法

美人はみんな知っている睡眠美容法

本コラムでは、人生で欠かせない“睡眠×美容”の密接な関係をご紹介します。 日々の充実感を上げたい方や睡眠美容に興味がある方は、ぜひご一読ください。

眠るたびに肌力がアガる理由

キメが整いトラブルのない艶やかな美肌を目指すには、睡眠の質を高めることが大切です。
人は寝ている間に成長ホルモンと女性ホルモンを分泌しています。成長ホルモンは細胞の修復、女性ホルモンは肌のハリツヤを保つ役割や、美肌の効果が期待できる大切なホルモンです。
睡眠の質を高めることにより、眠っている間に2つのホルモンバランスが整うため、理想の美肌を目指せると言われています。

キレイな人が睡眠の質を上げるために意識していること

ここでは、眠る前に意識すべき大切なポイントを5つご紹介します。

1. 規則正しい生活をこころがける

睡眠の質を高めるには、起床時間と眠る時間を決めて睡眠サイクルを整えることを意識しましょう。
私たちの脳は、眠っている間にさまざまなホルモンを分泌しています。ホルモンが分泌されることで身体のリズムが整い、睡眠の周期が作られます。
決まった時間に起床して日差しが目に入るようにしたり、太陽の光をあびたりすることで、脳を刺激して体内時計も整います。

2. 夕方以降はノンカフェインの飲み物をこころがける

カフェインが入った飲み物は寝る10時間前までに飲むのをやめましょう。
摂取したカフェインが体から抜けるまで10時間ほどかかるといわれています。普段寝つきが悪いと感じている方は、ぜひ意識してみてください。

3. 夜の食事は腹八分目がベスト

夜ご飯を満腹になるまで食べてしまうと血糖値があがり、睡眠中に分泌されるホルモンのメラトニンが減少する傾向があります。
メラトニンが不足すると寝つきが悪くなったり、生活リズムが崩れやすくなったりするため、どうしても食べたいときはお昼にボリュームのあるごはんを食べましょう。

4. 眠る前のマイルーティーンをつくる

眠る前に瞑想をしたり、ストレッチをしたりして体をリラックスさせましょう。
また、眠る1~2時間前にスマートフォンやパソコン画面を見るのを避けてください。ブルーライトの刺激でメラトニンの分泌が低下すると言われています。

5. ふとんを清潔に

ふとんは寝汗を毎晩吸収するため、ダニが繁殖しやすく不衛生になりがちです。
アレルギーや肌あれの原因になることもあるため、こまめなお手入れをこころがけましょう。

5つのなかでも、後回しにしがちなのが⑤とされています。
ふとんは直接肌に触れるため、清潔な状態をキープすることが大切です。
私たちは、一晩でコップ約1杯分の汗をかくといわれており、そのためふとんの中はダニが繁殖しやすい環境です。
しかしながら、ふとんやふとんカバーを毎日交換するのは難しいですよね。
ここからは毎日のルーティーンに役立つアイテムをご紹介します。

ふとんクリーナーのパイオニア  Raycop Pro2(RS3-300) 定価25,900円

UVで99%除菌はもちろん、PTCヒーターを搭載して65℃の温風でダニまで死滅させるふとんクリーナーは唯一Pro2だけです。

睡眠時間を美容タイムにしましょう

今回は、睡眠と美肌の関係性についてご紹介しました。
睡眠時間を味方につけて眠るたびにキレイになる、睡眠美人になりましょう。

参考サイト
https://www.raycop.co.jp/collections/futon
Https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000012718.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000012718.html
https://www.raycop.co.jp/blogs/life/doctor-2065
https://brand.taisho.co.jp/contents/beauty/419/
https://www.dr-recella.com/recellaterrace/journal/beautiful-skin/beautiful-skin-to-sleep-on
https://www.asahi.com/and/article/20230710/423866396/
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-003.html
https://www.nishikawa1566.com/column/sleep/20240308122949/

ブログに戻る