深夜のミルク作りは大変!!赤ちゃんと過ごす貴重な時間を大切する方法とは?

深夜のミルク作りは大変!!赤ちゃんと過ごす貴重な時間を大切する方法とは?

新生児の大切な栄養源であるミルク。

親としては、いつも最適な状態で赤ちゃんに飲ませてあげたいものです。特に頻回授乳と呼ばれる時期は1~3時間おきに湯量や温度を調整してミルクを作る必要があり、これはとても大変な作業ですよね。

本コラムでは「ミルク作りに推奨されている水の種類」や「夜中でも簡単にミルクをつくる方法」をご紹介します。

新米ママ・パパやワンオペ育児時間が多い方は、ぜひ参考にしてください。

実は知られていない⁉ミルク作りに最適な水とは

水には軟水・硬水・純水など、たくさんの種類が存在します。
しかし、残留塩素やミネラル度が高い水は推奨されていません。、ミルク作りには、特定の安全な水の種類が推奨されています。

推奨されている水の種類

  • 水道水
  • 水質基準の検査に合格した井戸水
  • ミルク調整用の密封容器に入った調乳用水

わざわざ調乳用水を購入するのは手間もお金もかかるため、手軽に利用できる水道水で赤ちゃんの健康をサポートしてあげるのが理想的です。

「水道水は美味しくない」と耳にすることがありますが、日本の水道水は国の定める厳しい水質基準を満たしているので、安心してミルク作りに使うことができます。

水道水を使うなら

水道水を使う場合、ヤカンや電子ポットなどで沸騰させましょう。 沸騰させると、残留塩素などの不純物がある程度取り除くことができるからです。さらにカルキ臭が気にならなくなり、匂いに敏感な赤ちゃんも残さず飲んでくれるでしょう。

先輩ママが教える!簡単なミルクの作り方

沸騰させたお湯をミルクに注いだら、“人肌”と言われる36℃から37℃くらいの温度まで冷ましてあげましょう。母乳に近い温度なので、赤ちゃんが飲みやすいんですよ。

先輩ママ直伝!ミルクの冷まし方3選

  1. ボウルなどの容器に水を溜め、その中に哺乳瓶を浸して冷す
    冷えた氷や保冷剤を水に入れると、より早く冷めます
  2. ガラス製の哺乳瓶を使用する
    プラスチック製哺乳瓶よりも、ガラス製哺乳瓶の方が冷めます
  3. 流水にあてながら哺乳瓶をぐるぐる回す
    哺乳瓶の中でミルクが回り、ミルクが均等に冷えます

冷ましたミルクは、赤ちゃんに飲ませる前にご自身で必ず温度確認しましょう。

手首の内側にミルクを垂らして、ほんのり暖かく感じる温度が37℃くらいです。慣れてきたら、哺乳瓶を皮膚の薄いところにあてて温度を確かめるのも良いでしょう。

赤ちゃんとの時間を楽しく過ごしたい

赤ちゃんと一緒に過ごす時間を大切にしたいけど、時間はあっという間に過ぎてしまうもの。
先輩ママやパパは、軽量スティッククリーナーで簡単お掃除したり、買い物をネットスーパーで代用したりと、便利アイテムを活用しながら赤ちゃんとの時間を作っています。

そんなママ・パパから「こんなの待ってた!」と話題になっているアイテムをご紹介します。

新米パパママの味方はレイコップミルクメイト

Raycop ミルクメイト ROM-100JPWH 16,000円(税込)

産休から復帰したレイコップ社員の意見を元に開発されたミルクメイトは、ママ・パパが欲しかった機能が満載。

ボタンを1つ押すだけでミルクが作れるスマートワンタッチ機能は、ミルク1回分のお湯を「設定温度」で「適量」哺乳瓶に注ぐことができます。
「泣いている赤ちゃんを抱っこしながら、片手でミルクを作る」なんてことができます。

出産後のママは、抱っこや沐浴などの慣れない育児で手首に力が入ってしまいがちです。腱鞘炎で悩むママにとっても、ワンタッチでミルクが作れるミルクメイトは救世主になるでしょう。

また、白を基調とした清潔感あるデザインは、出産祝いにもピッタリです。

簡単ミルク作りで育児を楽しもう

毎日何回も作るミルクだから、身体も心も負担が少ない工夫をするのが大切です。
便利アイテムで水にこだわりながら時短して、赤ちゃんをたくさん抱っこしてあげてくださいね。

ブログに戻る