レイコップ・ジャパン株式会社

「しっかりゆっくり眠りたいのに、鼻が詰まって眠れない・・・」。 安眠へ導くわずか1分のレイコップ習慣で、寝具の花粉を99.6%除去。

国土の70%を森林が占める日本は、先進国の中では有数の森林大国です。しかしこの、豊かな森林を構成する木々の多くが、大量の花粉を“まき散らす”スギやヒノキ。花粉症に苦しむ人々にとっては、深刻な問題です。

今や国民の4人に1人が花粉症に悩まされているという日本では、人生の3分の1ともいわれる睡眠時間を安眠へと導くために、ふとんの花粉対策は重要なテーマです。

花粉症だという自覚がなくても、“ふとんを干した日の夜、なぜか咳や鼻水が止まらなかった”という経験があれば、もしかするとそれはふとんに付いてしまっている花粉が原因かもしれません。

外干ししたふとんには200万個もの花粉が!  

一般的に室内に入ってくる花粉の数は1日におよそ2000万個といわれ、その多くは換気と、髪や衣服などに付着し外から持ち込まれるもの。
また、外干しした洗濯物やふとんにも大量の花粉が付着します。中でもふとんは洗濯物よりも花粉が付きやすく、その表面にはおよそ200万個もの花粉が付いてしまうとされています。

ふとんに付いた花粉を取り除くもっとも理想的な方法は“やさしくはらって、吸い取る”ことが重要ですが、掃除機で吸い取る際、その排気によってむしろ部屋中に花粉を舞い上がらせてしまう可能性もあるのです。
ふとんに花粉が残っていたり、部屋中に花粉を舞い上がらせたりしてしまっては、せっかくのふとんケアも台無しです。では、どのようなケアが望ましいといえるのでしょうか。

ふとんクリーナーレイコップによる花粉除去の実験結果

レイコップをわずか1分使用することにより、99.6%の花粉を除去できるという結果が検証されました。この結果をみると、ふとんの花粉ケアとして望ましい方法のひとつとして期待できそうです。

 

日本で花粉症の症状によりツライ思いをしている方の主な原因は、スギ花粉だといわれています。しかしその他にもヒノキやイネ、ブタクサなど、ほぼ1年中途切れることのない花粉の飛散ラッシュが続きます。それぞれの花粉が飛散する時期も異なるため、ふとんへの花粉対策は通年心がけておくとよいかもしれません。

また、レイコップには空気清浄器やクリーンルームにも使用されるHEPAフィルターが搭載されているため、0.3μmの粒子を99.9%集塵することが可能に。フィルターには脱臭効果まで加わり、ふとんケアをしながら同時に室内の空気をもキレイにしてくれるのです。

良質の睡眠が、花粉症の症状緩和に。
毎日のふとんケアで、ぐっすりを目指しましょう。

花粉症の方にもっともツライと言われるのは、就寝時・睡眠中・起床時と「寝室」に関わる時が多いようです。睡眠中は免疫力が低下し、咳、鼻水、くしゃみがひどく夜なかなか寝付けないなど、花粉症による睡眠不足はさらなる症状の悪化を招いてしまうこともあり、眠れないというストレスが自律神経の乱れにつながるなど、悪循環を繰り返すことになりかねません。

レイコップは、ふとんの上を滑らせるようにかけるだけで、”UV除菌”・“叩く”・“吸う”の理想的なケアをしながら気になる花粉をスッキリ取り除いてくれます。

花粉に悩まされる時期こそしっかり睡眠をとって体を休ませてあげることが大切。毎日、寝る前1分のレイコップ習慣で、ふとんの花粉をスッキリ吸い取り、すこやかな眠りを手に入れていただきたいですね。

選べるレイコップのラインナップ

RAYCOP RP
新技術ドライエアブロー(温風)を 搭載したプレミアムモデル

RAYCOP RS2
ふとんケアコントロールを搭載した ニュースタンダードモデル

RAYCOP LITE
基本機能を搭載した エントリーモデル

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE