レイコップ・ジャパン株式会社

熟睡したいのにうなされる… 原因と対処法はあるの?

睡眠は健康的な生活に欠かせない習慣ですが、十分な睡眠がとれずに悩んでいる人も数多く存在します。ここでは、睡眠の悩みの中でも特に苦しいもののひとつ、睡眠中にうなされてしまう現象について原因や対処法を考えていきます。

そもそもうなされるってどういうこと?どんな状態を指すの?

睡眠中にうなされるという状態がよく分からない人のために説明すると、睡眠中に不快感を伴ってしまうことを指します。時には思わず声が出てしまったり、苦悶の表情を浮かべてしまったりすることもあります。不快感の原因はさまざまですが、うなされながら眠っていると睡眠は浅くなり十分に疲れをとることができなくなります。時間としてはたっぷりと眠っているつもりなのに、朝起きても心がスッキリせず、体の倦怠感も解消されていないならうなされている可能性があるでしょう。

さらにしんどいのは、うなされて睡眠中に目を覚ましてしまう現象です。短い睡眠を繰り返してもなかなか疲労は解消されないので、やはり翌日に疲れが持ち越されてしまいがちです。うなされるのは睡眠障害の一種であり、原因を追求して克服することが求められます。

うなされる原因が知りたい!引き起こすきっかけとは?

うなされる原因として考えられるのは日常のストレスや心配事などです。生活が不安定になり、規則正しく睡眠を行っていないとホルモンバランスが崩れて眠りが浅くなってしまいます。すると眠っている間もささいなことに体が反応してしまい、うなされるという現象が起きてしまうのです。ストレスを抱えている人の場合は、起きている間に押さえ込んでいる負の感情が眠っている間にわきあがってくることがあります。ずっと考え続けている悩みや不安は夢に現れることもあり、心の底から安心して眠ることができません。結果、うなされて起きる症状へとつながるのです。

ほかにも、普段の生活習慣の中で暴飲暴食や、寝る前のアルコール摂取などで内臓を酷使しすぎると睡眠障害が起きるともいわれています。寝ている間も内臓が活発に動いているので脳が興奮状態を保ってしまい、熟睡が妨げられてしまうのです。

子供が悪夢をよく見るという。その原因と対処法はある?

子供が悪夢に苦しめられるのもまた、精神的なストレスが原因だと考えられます。そばにいる大人が積極的に子供をサポートすることで、悪夢を見る回数は減っていくでしょう。

そのためにできることとして、子供を無理にひとり部屋で寝かせるのは避けたほうが賢明です。ひとたび気づいた孤独が恐怖となってしまうと悪夢を呼び起こしやすくなるので、悪夢を見るようなら一時期だけでも親と一緒に寝る、手を繋いで寝るなどの安心感を与えてあげることを心がけましょう。

そのうえで、寝るときに「楽しい絵本を読んであげる」「子守唄を聞かせてあげる」などの方法です。お気に入りのキャラクターがいる子供なら、それに応じて枕やぬいぐるみを用意するのもいいでしょう。子供のリラックス状態を作り出すことができれば悪夢障害への対処になります。

ストレスなく眠れるように!原因に合わせた的確な対策を!

うなされる状態が続くのはつらく苦しいものですが、原因が分かれば対処することは可能です。生活習慣の乱れ、ストレスなど思い当たる要素にしっかりと向き合い改善するようにしましょう。毎日の活力となる睡眠を健康的にとることができれば、仕事や家事にも元気いっぱいに挑めるでしょう。

お気に入りの記事はSNSでシェアしよう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE